久田和広が読んだ「手紙」

読書が大好きな久田和広です。今回紹介する本は、東野圭吾の著書「手紙」です。

弟と2人暮らしの武島剛志は、弟の大学進学のための金欲しさに空き巣に入り思いがけず強盗殺人まで犯してしまう。高校生の武島直貴は、突然独りぼっちになり途方に暮れる。とにかく謝罪しようと直貴は被害者の家を訪れるが、遺族の姿を見かけただけで逃げ出してしまう。高校の卒業式の2日前の直貴の元に、獄中の兄から初めての手紙が届く。それから月に一度、手紙が届くようになる。

獄中の兄の平穏な日々とは裏腹に、進学、就職、音楽、恋愛、結婚と、直貴がもう少しで幸せをつかもうとするたびに、彼の前には「強盗殺人犯の弟」というレッテルが立ちはだかる。

それでも、理解してくれる由実子と結婚して一時期、幸せが訪れる。しかし、娘の実紀が仲間はずれにされ、正々堂々と生きて行く意味を考えてしまう。そして剛志との縁を切るために、獄中の兄に宛てて手紙を出すのだった。


作家としては当たり前なのかもしれませんが、「身内が犯罪者」ということの苦悩が伝わってくる臨場感がありました。

弟思いの良い兄ちゃんだったのに…なぜ大富豪のおばあちゃんを殺しちゃったのか、、殺人が起きなければ本作のメインテーマがないことになってしまいますが、本当になんで殺した…と思いました。

主人公は事あるごとに犯罪者の弟という差別を受けていました。大学進学はもちろん諦め、金持ちのお嬢さんとの結婚も白紙になり、紆余曲折を経て就職した電気店でも差別を受けます。その電気店で左遷された時に社長が現れ、話した内容に私もハッとしました。とても重いテーマでした。