久田和広が読んだ「ももこの世界あっちこっちめぐり」

読書が大好きな久田和広です。今回紹介する本は、さくらももこのエッセイ「ももこの世界あっちこっちめぐり」です。

イラスト・カラー写真も満載!!6か月間にわたる、世界各地ハプニングづくし!!壮大な爆笑旅行全記録。

憧れのスペインではガウディの作品を見て感動し、パリではピエール・ラニエの時計を手に入れ、バリ島でラフティングに挑戦する。6カ国13都市を駆けめぐる、壮大な爆笑旅行全記録。

読んだ当時は中学生で、国語の授業で始めの10分間は持参した本(マンガはNG)を読んでくださいという授業スタイルでした。そこで本書を読んで、内容が面白すぎてしんどかった記憶があります。授業中だから周りはシーンとしているので笑えないし、ページを進めることができませんでした。しかたなく、その辺りのページは飛ばして読んだ記憶があります。笑

随所に散りばめられたおもしろい話(著者の日常や考えなどw)にはもちろん何度も笑わされましたが、自分が本当にその場所に旅行しているかのような感覚を味わえたり、フランスではピエール・ラニエというおしゃれな時計があること、スペインの建築物は素晴らしいことがよくわかりました。それに写真もとてもきれいです。自分も企業からお金を渡されて「これで世界の好きな場所を巡ってきてください」と言われてみたいですね!さくらももこ氏のように仕事はできませんが…