久田和広が読んだ「赤い指」

読書が大好きな久田和広です。今回紹介する物語は東野圭吾の「赤い指」で長編推理小説です。

前原昭夫は、妻と一人息子、そして母親と一緒に暮らしているごく普通の家庭を持っているサラリーマン。妻・八重子は義母を疎み、親和性に欠ける息子の直巳を溺愛していた。母・政恵は認知症となってしまっていた。

ある日、昭夫は、自宅の庭でビニール袋を掛けられた幼女の遺体を目撃する。全ては直巳が少女を自宅に連れ、身勝手な理由により殺害したものだった。

一時は警察に通報しようとした昭夫だが、八重子に強く懇願され、やむなく息子のために事件の隠蔽を画策する。

やがて事件が発覚し、練馬署の刑事・加賀恭一郎が前原家を訪ねる。犯行を突き止められるのも時間の問題と悟った昭夫は、最終手段として愚かで非道な手を打とうとしていた。

少しネタバレになりますが、前原家は幼女殺しの罪を認知症の母親になすりつけようとしていました。非常に胸糞の悪い話でした。加賀恭一郎が登場する話なので絶対に解決するとは思っていましたが、この前原家は最低です。

考えたくありませんが、もし現実に同じようなことがあったら許せません。認知症の母親が連行されそうになった時、認知症の母親と、母親を突き出した昭夫との思い出の品が出てくる場面があったのですが悔しすぎて泣きました。昭夫も泣き崩れていましたが。

ちょうど同じ時期に加賀恭一郎の父親も亡くなりました。この父親は他の話で加賀恭一郎にいろいろとアドバイスをしていたので悲しかったです。

本の虫、久田和広の読書ブログ

本の虫、久田和広の読書ブログ